スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    FX 円高予想よりも前に大切なこと

    始めるなら今!
    SBI FXトレードなら簡単操作&激狭スプレッドで利益を最大化できます!
    詳細&口座開設はこちら
    ↓ ↓ ↓


    こんばんは。

    大発会から
    流石申年といった大荒れの相場となっております。

    色々なところで
    円高予想が始まっていますが
    その前にある大切なことを実施しておりますでしょうか?

    これまでも、度々リスク管理の重要性を
    記載してきましたが
    現在のような急な円高となった時にこそ、
    その重要性が分かるのではないでしょうか?

    円高予想の前に
    まずは、リスク管理の基本
    ロスカットレートを算出してみましょう。
    まだまだ大丈夫なのか
    もうそろそろ危険域なのかわかってきます。

    算出方法の例を示します。
    証拠金:50万円
    ポジション数:40000通貨(買い)
    ポジション平均レート:120円
    最大レバレッジ:25倍

    1.保有通貨を円換算します。
    40000通貨×120円=4800000円
    本来であれば4800000円分取引しています。

    2.証拠金必要額を算出します。
    4800000円×0.04=192000円
    (0.04=1÷25倍⬅最大レバレッジ)
    192000円が証拠金必要額になります。

    3.耐えられる損失額を算出します。
    証拠金500000円-192000円=308000円
    308000円の損失まで耐えられます。

    4.耐えられる値下がり値幅を算出します。
    308000÷40000=7.7円
    値幅では7.7円まで円高になっても耐えられます。

    5.ロスカットレート
    120円-7.7円=112.3円
    112.3円までは耐えられるのがわかりましたね。

    このレートを算出後
    初めてご自身の円高予想を使って
    現在のポジションは危険なのか
    耐えられるのかを考えます。

    さて、
    ご自分の状況を当てはめてみましょう
    為替レートはいくらまで下がっても大丈夫でしょうか?
    安心しましたか?
    それとも青ざめましたか?

    これを機会に
    リスク管理の徹底で退場を避けましょう。

    計算できたら
    自分で、または色々なサイトから
    円高予想記事を読みましょう。

    他のFXブログを読む
    ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 為替ブログ へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ


    FC2 Blog Ranking

    よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    投資資金をゲットできるサイト

    ポイントの獲得しやすさNo.1
    「げん玉」

    サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
    安心の老舗サイト「ちょびリッチ」

    その他ポイントの貯まるサイト
    楽天市場の楽天ポイントは使い勝手No.1 物を買うなら「楽天市場」
    オススメFX会社
    当ブログで使用中
    SBI FXトレード株式会社
    ●最高水準米ドル円スプレッド0.27銭
    ●少額1ドルから取引可能
    ●利用しやすいお取引画面
    ●金融業界でも信頼のSBIグループ

    FXを始めるならSBI FXトレード!
    オススメ証券会社
    当ブログでも使用中
    SBI証券

    SBI証券が選ばれる理由
    ●ネット証券総合評価No.1
    ●業界屈指の格安手数料
    ●豊富な商品ラインナップ
    ●高機能ツール
    ●世界各国への少額投資
    ●リアルタイム入金
    ●業界随一のマーケット情報

    No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券
    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    人気リンク元ランキング
    ランキング
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。